鍵なくした!急なトラブルで慌てないための事前知識

日常にあるトラブル

普段気をつけていても、鍵をなくしてしまう危険性は誰にでもあります。あるはずのものが見つからないので、その時はパニックになりますが、落ち着いて素早く対応することが、後のトラブルを防ぐことに繋がります。

鍵に使えるアイテム比較

キーホルダー

鍵に取り付けるだけのため、素早く取り出せる事がメリットとなります。また落とした時に音がなるようなものであれば、すぐ気付くことができます。デザインの選択肢や、安価な物も多いため、気分によって取り替えやすい事も魅力となります。

キーケース

キーケースは鍵を中に入れるため、保護する事ができます。鍵は劣化によるズレを軽減する事ができるのです。また鞄の中でも他の物に引っかかることがなく、見つけやすい事もメリットといえます。

鍵なくした!急なトラブルで慌てないための事前知識

キー

パニックにならず落ち着いた対応を心がける

外出後、用事をすませ自宅へ戻った時に、鞄を確認し「鍵なくした!」とパニックになった事のある人も多いと思います。頭が真っ白になり慌ててしまいますが、落ち着いてどう対応するべきか確認しましょう。まずは鞄やポケットなど、身近なところを確認し、見つからなければ立ち寄った場所を訪ねます。店舗であれば届けられている可能性もあるので、電話で問い合わせましょう。

レディ

見つからない時の行動

どれだけ探していても鍵が見つからない場合は、早めに警察へ届けましょう。運が良ければ拾った人が届けてくれ、見つかる事もあります。外出中に紛失した場合は、落としたのではなく盗まれた可能性もあります。自宅に侵入される恐れがあるので、警察に届ける事で、トラブルに備えることができます。賃貸住宅であれば大家などへの連絡も必要となる事も忘れないでください。

キー

業者への連絡

鍵がない時は、鍵屋などの業者に依頼し解錠してもらうことになります。近くの業者であれば、時間をかけずに駆けつけてくれますし、24時間受け付け対応している業者もあります。解錠には、作業員の技術力にもよりますが、30分以内に解錠してもらえることがほとんどです。ただし、素人にはわからない作業だからと相場より高い料金を請求する業者もいるため、ホームページ等をよく確認して業者を選びましょう。

工具を持つ人

解錠後の対応

解錠後の対応は、後のトラブルを起こさないために大切な事です。スペアキーを保管してあったとしても、鍵交換したほうが良いでしょう。後から鍵が見つかったとしても、警察や店舗に届けられる前に合鍵を作成されている可能性があるからです。鍵を変える際には、シリンダーキーや2重ロックにするなど、防犯性の高い物がおすすめです。業者と相談し適切なものと交換しましょう。