知識を蓄えトラブルを防ぐ!鍵紛失への対処法

知識を蓄えトラブルを防ぐ!鍵紛失への対処法

レディ

鍵のトラブルを避ける

置き場所を忘れてしまった、気づかないうちに落としていたなど、多くの人が鍵紛失によるトラブルの経験があると思います。無くしてしまうと、その後の対応が大変ですし、防犯の面でも不安な事が多くなります。また鍵も劣化するため、きちんと管理していないと、使えなくなることもあるのです。不注意によるうっかりで困らないようにはどうするべきか、管理や保管法について考えてみましょう。

キー

合鍵と番号

家族に渡す時等に作る合鍵ですが、合鍵と元鍵にも違いがあり、注意が必要です。鍵には鍵番号と言うものがあり、番号さえわかれば合鍵が作れる業者も存在しています。そのため、鍵紛失をした際、運良く道で見つけても、番号を記憶した第三者に知らないうちに合鍵を作られる恐れもあるのです。鍵番号は元鍵に刻印されてる事が多いため、番号が見えないようカバーをつけるか、普段は合鍵をメインに使用する方が良いといえます。

家

異変があれば業者に確認

鍵は、実はとてもデリケートなものです。毎日使うからこそ、経年劣化による変形で、合鍵が作れなくなることもあるのです。ディンプルキーであれば、穴にゴミが詰まったり、磁気を使うカードキーであれば、磁気が弱まったり、割れてしまうこともあるのです。異常のある鍵を無理に使用していると故障の原因となります。また、鍵穴が傷む恐れもあるため、鍵に異変がある場合は無理に使用せず業者に相談してみましょう。

鍵トラブルに遭わないために知っておきたい!保管に関するポイント

  • 元鍵は使わず保管しておく
  • ストラップやキーホルダーを使用する
  • 自宅では置き場を決めておく
  • カバンなどに入れっぱなしにしないようにする
  • 合鍵を郵便受けや室外機の下などに保管しない
  • 破損や異常に気をつける
  • よく無くす人は紛失防止グッズを使用する